人妻とのメールの仕方

人妻が求めている内容を書いてあげる

人妻とメールのやり取りをするときには、とにかく「人妻が求めている内容を書いてあげる」ことが大切です。

ここまでのお話で、悩みを聞いてあげることや認めてあげることの大切さをお伝えしてきましたが、これは基本的に大切なことですので忘れないようにしておいてください。

ただし、これにも段階がありますので、人妻との関係が深まってきたら少しずつ内容も変わってきます。

簡単に言うと、直接会うまでのメールと、直接会ってからのメール、肉体関係を持ったあとのメールなど、その段階によって書く内容というのは変わってくるのです。

直接会うまでのメールで気をつけることは、今までにお話してきたとおりです。

まずは、相手の警戒心をとくことが最優先テーマですから、「最高の味方になること」を意識して、徹底的に話をよく聞いてあげるようにしてください。

この段階で人妻が求めるのは、「自分のことをわかってくれる人がいる」という実感です。

だから、彼女の趣味に合わせた内容を書いたり、彼女の悩みや不満を聞いてあげ、認めてあげることが有効なわけですね。

この段階を経て、直接会うようになると、人妻が求めるものも変わってきます。

実際に会って話しをすれば、文章だけで接していた時以上に相手の雰囲気がよくわかってきます。

会った時に、彼女がもっと関係を深めたがっていると感じたら、ここでは積極的にアプローチしていきましょう。

そのアプローチこそ、彼女が求めていることなのですから。

基本的に、出会い系サイトに登録しているということは、旦那以外の男と関係を持ちたいという気持ちがあるからなのですが、その気持をある程度正直に出せるようになるのがこの段階からです。

端的な言い方をすると、「女として求められている」という実感がほしいので、「また会いたい」とか、「デートしたい」という程度の言葉くらいまでは積極的に使ってもいいと思います。

最初に会うときには、会うための口実を作ってあげる必要があるというお話もしましたが、この段階からは「会うことが目的」というスタンスで接してあげましょう。

恋愛関係のときめきとか、火遊びのスリルが味わえるような言葉を書いてあげると、彼女の気持ちに火がつきやすくなります。

そして、デートを重ねて、ついにセックスまで関係が進んだら、ある意味で遠慮も必要なくなります。

ここまで来た時に初めて、エロい内容のメールも送れるようになるわけです。

実際にセックスするようになっても、その手の話題を恥ずかしがる人もいれば、一気に奔放になる人もいて、このあたりは個人差があるものです。

だから、これも相手に合わせて書く内容は変わってきますね。

ただ、人妻である以上、その関係は旦那に内緒なわけですから、万が一メールが読まれた時のことも考えておく必要はあるかもしれません。

その意味では、あんまり刺激的な内容を書いてしまうと、かえって嫌がられるというケースもあるので注意が必要です。

結局のところ、人妻が求めるものとは、

・自分のことを認めてくれる人
・女として扱ってくれる人
・恋愛のときめき
・火遊びのスリル
・性的な喜び
・それでいて夫婦関係を壊さない

といったことに集約されるかもしれませんね。